校長より 10

定通総体を終えて


 

 9月末の東京都高等学校定時制通信制総合体育大会開会式から1か月間にわたり、定通総体各種目で拓真生が活躍しました。

 開会式では本校卓球部三年生が堂々と選手宣誓を行い、この大会が始まりました。この日に返還した優勝杯を今年も持ち帰る ことができるようにとどの部も力を合わせてこの大会に臨みました。

 大会を振り返れば、女子水泳、男子テニス、バドミントン、卓球、女子バスケット、サッカー、野球などで優勝という大活躍でした。 これ以外にも初めて団体で入賞を果たした剣道部をはじめとして、6つの種目で入賞することができました。嬉しい結果です。

 生徒のやる気を顧問が受けとめ、活動時間を確保し、共に練習を継続してきた努力が実りました。活動は日に日に主体的なものとなりました。 夏の大会や数々の練習試合を重ねて、今年度のまとめとなるこの大会での上位入賞は、学校の力の高まりを実感できるものと言えます。 「学ぶ・出会う・伸びる」の教育目標が示すように、さまざまな学びを通して、新しい自分と出会い、大きく伸びるを何度も実感することで、 人間的な成長を遂げてほしいのです。

 11月には定通芸術祭が催されます。この流れを引き継いで、拓真生がいきいきと活躍することを願っています。


272

校長  大本 静代  (2015/10/27)