校長より 05

めざせ、総合1位


 夏の全国大会を目指す、定時制通信制の各種目の予選会が始まりました。

 2週に渡って、本校を会場として、春季テニス選手権大会が行われました。 男女のダブルスの試合がくり広げられました。結果は男子が優勝、女子が準優勝という快挙でした。 選手の努力を称えるとともに、これから始まる各大会に好影響を与えてくれるものと、たいへん嬉しく思います。 テニスは全国大会へは続かないのですが、これからも秋の定通総体に向けて日々テニスコートを駆け巡ってください。

 本校は昨年、東京都高等学校定時制通信制体育大会の年間学校対抗成績で見事、男女とも総合1位を いただくことができました。一人一人が拓真の代表という意識を強く持ち、競技に打ち込むと共に、 広く東京都の高校生と交流を深めることができました。その結果、母校に「総合1位」というすばらしい結果 をもたらしてくれました。きらきらと輝く立派なトロフィーをいただきましたので、生徒の代表として、 生徒会役員お二人に手渡しました。壇上から見る生徒の皆さんの表情はとても誇らしげでした。 この喜びは皆の心に共通の大きな目標として刻まれたことでしょう。

 今週末には軟式野球やサッカー、バドミントン、バスケットボールなどの予選会が続きます。 活動時間が確保しにくいという三部制の弱点を「集中と協力を意識する」という強みに切り替えて、 着実に力をつけてきた皆さんの活躍に大いに期待しています。

写真

校長  大本 静代  (2015/05/20)