校長より 07

拓真生、全国大会で活躍



 夏休みも中盤です。拓真生が定通制全国大会で活躍しています。 

 今年は、5つの部活動が出場権を得て、それぞれの会場で代表としての高い意識をもって大会に臨んでいます。 ここまでは、女子バレーが平塚、剣道は日本武道館、サッカーは静岡県清水市で、卓球は駒沢体育館での大会に参加し、 どの部も1回戦を突破しました。勝って喜び、負けて悔し涙を流すその姿は高校生らしくとてもさわやかでした。 この体験からも多くの学びがありました。 

 いよいよ来週には、バドミントン部6名が東京代表として、小田原アリーナでの大会に臨みます。 今日も体育館では4面のコートを使用し、部員全員が元気に声を出しながら練習に余念がありません。 皆、本番を楽しみにしている様子でした。 

 また、ラグビー部からは関東選抜チームとして1名の本校生徒が選ばれ、全国大会に出場し、 見事全国優勝に貢献するという嬉しいニュースもとび込みました。全日制の選手とともに大舞台で、 のびやかなプレーで活躍したとのことでした。 

 今年は保護者の皆様からご覧の通りの拓真カラーの横断幕を2ついただきました。 ありがとうございました。このすてきなプレゼントを競技場や体育館に掲げ、見事に拓真生が 輝いたことを嬉しく思います。小田原アリーナにも保護者の皆様の大きな声援が届き、 本校生徒が活躍してくれることでしょう。 

校長  大本 静代  (2014/08/13)