校長より 02

今年度も花々と共に


きれいな花壇の様子です

 昨日の基礎力診断テストを終え、本日からは授業と個人面談が始まりました。

 花壇の前をにこやかな笑顔で通り過ぎる生徒の姿を目にすると、安心感を抱きます。 真新しい標準服に身をつつんだ1年生の皆さんも少しずつ、新しい生活のリズムが出来ていることでしょう。

 今はチューリップやパンジーたちが陽に向かって咲き誇っています。花々を目にするとき、球根を植え、 育ててくれた卒業した園芸部の方々のことを思い浮かべます。元気で会社や大学に通っていることでしょう。 下級生の部員が少ないことを心配しながら卒業されたので、この花壇のことも心配してくれているかも知れません。

 始業式では、「具体的な目標をもって、一人一人が『伸びる』を実感してほしい」という話に関連させて、 部活動や行事に積極的に参加してほしいと伝えました。社会の中では人とコミュニケーションを図りながら、 周囲と協調しながら物事を進めて行くことが求められます。ぜひ、経験を通して、このような力を身に付けていって欲しいのです。 先輩が大切に創り上げた拓真の花壇を、次の部員の方々がどのように創意工夫を重ねながらつくり上げていくのかがとても楽しみです。

 少しずつ、それぞれの生徒の学校生活のペースが出来てきたようです。今年度も互いの存在を大切にしながら、 自然や仲間と一体になって、前へと進んでいきましょう。

校長  大本 静代  (2014/04/15)