令和元年度12月 4年次行事

社会的・職業的自立支援教育プログラム

~映画を通じて学ぶメディア・リテラシー~

本日はNPO法人独立映画鍋の皆さんにお越しいただき、「映画を通じて学ぶメディア・リテラシー」の特別授業をしていただきました。 メイン講師は映画監督の深田晃司監督です。映画はいつの時代にできたのか?世界で初めての映画は?それを作ったのは誰? などなど映画の歴史に触れながら、メディア・リテラシーの重要性について勉強しました。 深田監督が「今まで何本映画を観たことがある?」という質問に対して、「150本以上」と答えた映画好きの生徒もいました。 授業終了後には、映画関係の仕事に進みたい、音響関係の仕事に就きたいなど、生徒たちが直接監督に自分の考えを伝える場面も見受けられました。 とても貴重な体験となりました。

(2019/12/24)