学校運営連絡協議会の概要

 本校の学校運営協議会は、正式名称を「東京都立八王子拓真高等学校学校運営連絡協議会」といい、 その目的とするところは、本校の教育活動が保護者・地域住民に理解され、かつ、 本校の学校運営に保護者・地域住民の意向が反映され、本校が地域に根ざしより発展していくためのものです。

 組織的には、内部委員と協議委員で構成されていて、内部委員は協議委員の数を越えないようにして、 より外部の意見を反映する形をとっています。

 内部委員は、校長、副校長、経営企画室長、主幹教諭で構成されています。

 協議委員は校長が推薦し、都教委が委嘱する近隣中学校校長、 地域の青少年健全育成関連者及び地域有識者及び保護者代表から構成されています。

 各委員の任期は当該年度の第1回目の学校運営連絡協議会開催日から当該年度3月31日までの一年間です。

 役員構成は、(1)会長1名、副会長1名、事務局長1名で、(2)会長は校長とし、副会長は会長から選任された者です。 事務局長は、教務部長(教務主任)になります。

 学校運営連絡協議会は、年3回、各学期に開催し、会は原則として公開です。 ただし、プライバシー等関わる内容を協議する場合には、会長の判断により、一部非公開にすることがあります。

 活動内容は、(1)本校の学校運営及び教育活動への助言等、(2)本校と家庭・地域との連携への助言などです。

 学校運営連絡協議会の中に、「評価委員会」が設置されています。

 構成員は、学校運営連絡協議会の中から会長によって選任され、近隣中学校長(1名)、地域有識者(1名)、及び内部委員2名です。

 事務局として、学校内に、教務部長を事務局長とする学校運営連絡協議会事務局が設置されています。